上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、着付け教室の室外編。いつもとは違う場所で
「帯」についてのセミナーを受けてきました。

とある織物会社の方から、「よい帯の見分け方」やら、
帯の種類やらを学ぶわけです。
で、いろんな帯を見せてもらって「もし気に入ったのがあれば、
教材として格安で販売します」というもの。

とはいっても、全然「買って買って」という雰囲気でなく、
「こういう着物にはこんな帯をあわせたら面白い」とか、
「この帯一本で何通りもの使い方ができる」とか、
実際に帯をあててみて、「ほうほう」と納得するだけです。

もちろん、一本も購入してません(^_^;)
でも、とっても興味深い内容でした。
特に、織物(帯)ができていく工程は、気が遠くなるほど
細かい作業で、実際にその工程ごとの実物を見せてもらうと
「うわぁぁぁぁぁぁ」と・・・。
ちょっとその一部の職人さんになりたくなっちゃいました(絶対無理)。

さて、内容はまぁそんな感じなのですが、
昨日はうちの先生が担当するほかの教室の方も数名加わって
セミナーが行われたのですが・・・。

なんと、ぶんぶんさんのブログで知り合った
にゃんたさんが一緒だったのです!

実は同じ系列の着付け教室に通っていることは
お互い知っていたのですが、まさか同じ先生で、
セミナーも同じ日だとはこれまたびっくり(笑)
しかもお互い本名を知らないでいたので、名前を聞いても
実際会うまでは全然気づかなかったんです(^_^;)

久しぶりに「にゃんた節」を目の当たりにして、
思いがけず違った意味でも楽しいセミナーになりました。

そうそう、鞠塵染(きくじんぞめ)という染め方をした糸を見たのです。
この染め方、光をあてると違う発色をするというもの。

ふと、

「光をあてたら違う色ということは、
暗いところでも色が変わったりする?」


とおバカな疑問がふつふつと浮かび、
思わず机の下でその糸を見ようとしたのです(爆)

もちろん、暗いところで色が変わるはずないんですけど・・・。

そんな場面をばっちり隣に座ったにゃんたさんに見られ、
「・・・・・・・・・・あなた面白いことするねぇ」
・・・・目が点になっておられました。
えぇ、そんなアホなことしたのは、私一人でしたとも!


にゃんたさん同様目が点になった人も、
「私もやっちゃうかも!」と思った人も、
プチッとね↓


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。