上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、あけましておめでとうございます。

年末にも実家から記事を更新しようと思っていたのですが、
ログインに失敗しましてね(苦笑)失礼しましたm(__)m

我が家の年末年始は、結婚して大体毎年同じなんですが、
大晦日に私の実家に行って年越しし、元旦の昼にいったん自宅に戻って
年賀状の確認をした後、だんきちの実家へ行って一泊~二泊して終了です。

今年は二泊したんで、だんきち兄妹家族全員にあってご挨拶できました♪
ついでに言えば、今日帰宅したら私の兄貴も珍しく帰省してまして、
今回はかなり盛り沢山(?)なお正月。

やっと自宅に帰ってほっとしているところです。


というわけで。
そんな年末年始を過ごしたところで、今年の目標・・・いや抱負?かな。
その2が決定。

「親子共々、世の中の動きに敏感であること」

なんか難しげな目標ですが、流し読みじゃなくもっとちゃんと新聞を読む、とか、
子供と一緒に興味を持ったニュースについて、少し掘り下げて考えてみる、とか。そんな程度。

忙しい毎日の中でも、自分の知らないうちに世の中が変な方向に進んでないか、
子供たちにも、ちゃんと考えさせたり、説明できる大人になりたいな、と。


そんな、相変わらず堅苦しくめんどくさい私でございますが。
今年もお付き合いいただければ、この上ない幸せ♪
どうぞよろしくお願いしますm(__)m












おまけ。「その2」に行き着いたわけ。


だんきち実家に行くと、ちょこちょこと嫁の私には手持ち無沙汰な時間があります。
いつもは、元旦の新聞をもってって読むんですが、今年は本を持っていきました。

筑紫さんの本
「若き友人たちへ――筑紫哲也ラスト・メッセージ――」
筑紫哲也 著 集英社新書

年末に本屋で見かけて購入していたもので、細切れにしか読む時間がなく、
この年始にやっと読み終わりました。

簡単に言えば、故・筑紫さんが某大学で若者に向けて講義した内容をまとめたものです。
世の中のニュースについて、何も考えず漠然と生活していたら知りえないようなことがたくさん
伝えられ、それらを軸に「自分の頭で考えること」の大事さが語られています。

私の父もジャーナリストですので、「世の中のニュースには裏が必ずあって、
情報を全て鵜呑みにしてはいけない」というようなことは小さい頃から叩き込まれてきましたが、
では「真実をどうやって見極めるか」ということは、実は曖昧なままでした。
そのことについても、「<知の三角形>という考え方」という形で語られています。

私にとっては、これはかなりの収穫。
それを実践していきたいなぁということで、その2が決定した、というわけ。
以上です♪
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。