上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7日は、すーさん(長女・小1)の小学校の音楽会&ふれあい広場でした。

今年はPTAの役員になっちまったのもあり、数ヶ月前からこの日のことを
各種役員会で話し合って準備して、さらに前日準備・当日準備・本番(1年生ブースで
子供たちをお出迎え&遊ばせ係)・後片付け・・・となんだかもう
てんやわんやでした。

役員って大変なんですね、ほんとに。きっと同じように1日中立ちっ放しだったり
声出しっぱなしだったり、がんばった保護者の皆さんがたくさんいることでしょう。
皆様、お疲れ様でした。お互い「よーがんばった!」って褒めあっこしましょーね!!

でも、子供たちが自分たちが準備した遊びに、一生懸命集中してたり、
お友達同士で楽しく盛り上がってる姿を見ることができて、
それはそれで、とっても楽しい時間だったなぁと思います。

音楽会も、1年~6年まで通してみると、ほんと小学校6年間っていうのは
赤ちゃん時代~幼児期をすごした保育園とはまた違った子供の成長を
見ることができました。すーは一箇所すっぽ抜けたとこもありましたが(笑)
それに自分で気付いて苦笑いしてる姿も、保育園時代には見られなかったこと。

1年生は、一番小さいけど、去年の保育園の最後の発表会よりも、さらに
大きくなったなぁって思うし、6年生はまた別の意味で、すごく大人に見える。

みんな、とってもかっこよかった♪
お疲れさま~。


そんなこんなで、土曜日の夜~日曜日にかけて、
しいた母さんは完全燃焼・力尽きて寝ておりました・・・orz

あぅぅ。ミヤカグのイベント、行きそびれた~~~(T_T)





さて。一個だけ親バカ自慢させてくださいww

今年、夏休みに、すーは読書感想文に挑戦しました。
それが教育委員会の「文化の祭典」なんちゃらに入選しました。
いやーびっくり。
全く親の手は加わってないと言えば嘘になりますが、ほぼ全文自分の言葉で書いたもの。
作文すらままならない1年生の前半の時点で、原稿用紙1枚弱を書けたってのは、
我が子ながらよくがんばったなと思う。

ネットでいろいろ見てたら「賞をとれる読書感想文の書き方」チックなサイトもあったけど、
一週間ちかく使って、親が子供から感想を無理矢理引き出して、無理矢理肉付けして
無理矢理原稿用紙3枚の長さにするような方法だった。
「こんなん無理に決まってるし、子供の本来の感想文とは違う」って思って、
ほぼ等身大のすーの感想文にした。
私が手伝ったのは、すーが書いた何個もの感想を本の流れにそって
並べ替えたとこ(え、これもNGかな?;)。

それが入選したということも、なんだか嬉しい。
選んでいただいて、ありがとうございました。

入選♪
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。