上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家のリビングは子供たちのモノであふれかえっております。

親からすれば「これもう捨ててもいいじゃろ?」なものも、
子供にとっては「絶対捨てちゃいけん!」ものだったり。
その逆もあったりするから不思議(苦笑)。

なので、たまの休日に捨て捨て星人(だんきち)が現れると、
「それはだめー!」「これはいらん」とまぁうるさいことうるさいこと。

まぁ家の中のものはどうとでもなるんだけども。

本題。
うちの小学校では下敷きは透明のソフト下敷きなるものをみんな買わされた。
ということは、下敷きは基本、コレってこと。

ところが、最近すーが家で使っているあるキャラクターの下敷きを持っていきたいと言い出した。
他の子も持っていって使ってる、と。

「持ってない子に見せびらかすようなことになったらいけないから、やめなさい」
「学校では、こっち(ソフト下敷き)使うって決まってるでしょ」

と、言ってはみたけども。

正直、下敷きなんて自分自身「きちんと使ってるならいいじゃん」と思っているし、
筆箱は基本的に自由だから、そっちでキャラもの使ってる子はなんぼでもいるし。
今更、下敷きをキャラものにしたからといって、羨ましがる子がいるとも思えない。

本人が勉強してる最中にそればっかり気にして集中できないなら、ダメだと思うけど、
家で勉強してるの見る限り、特別そんな風でもないので、結局黙認。
多分、ソフト下敷きと、その下敷きを使い分けてるんだろうと思う。

本当のところ、どうなんだろう?という気がしなくもないが、
自分の小学生時代なんて、好きな下敷き何枚も持ってたし、
それで別に勉強がおろそかになることもなかったし、何よりお気に入りの文房具って
やる気アップにもつながってる(特に女の子とか、そうじゃない?)んで、
そこは臨機応変でいいのかな、と。

・・・いい加減な親でしょうかねぇ・・・。

んでね。
このときは「その下敷きを持っていきたい理由」を特に聞かなかったんですけどね。
(こっちも「持っていっちゃダメ」な確固たる気持ちも↑の通りないんで)
たとえば、基本的に「これはダメだよ」っていうことを、「どうしてもしたい!」って言い出したら。

みなさんだったら、どうしますか?

私は、とりあえず「どうしても!」の理由を聞きます。
その理由にちゃんとした意味があって、私も納得できれば、
場合によってはOKとするかもしれません。
「それでもダメなもんはダメ」な時。
子供がきちんと納得できる理由をちゃんと話さなきゃって思います。
正直、時間に追われてるとつい「うるさいな!ダメなもんはダメ!」って
言ってしまうことの方が多いんですが、冷静になって話すことが出来るときには
ちゃんとわかるように話をしているつもり。
そうでないと、子供がものすごい目で睨んできます。
ぞっとするくらい、怖い目です。
しまいにゃ「どーしてわかってくれんのんよ!
私はこれこれこんな風に思って言っとるのに!」って泣かれます(>_<)

なんだか理屈っぽくてウザい母と娘ですけど、自分の気持ちをきちんと
伝えることって大事かな、と思って。
そういうやり方が、正しいかどうかなんてわかりませんが、なんとなく。

はー・・・なかなかうまくいかないものですねぇ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。