上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞つながり4名からお祝い

昨日まで中国新聞本社で行われていた、shiozyさんの本の出版記念企画

「野坂健三郎画伯・これがオヤジの生きる道 挿し絵展」

を見に行ってきました。

まずはshiozyさん、出版おめでとうございます♪

↑のお花は木曜日に中国新聞ブログつながりの女子四人で会う機会があったので、
みんなでお祝いに送ったものです。ちゃんと飾っていただいてましたよ♪>有志の皆様。
(いや、多分全員実物を見られなかったと思われるんで一応証拠写真をば(笑))

著者の塩崎さんからはもちろん、野坂画伯からも本にサインをいただきました♪

実は到着が5時過ぎごろだったと思うのですが、私が到着して見終えた直後に
撤収作業が始まりました。挿し絵展の主催者かげさんもおっしゃっていましたが、
「聞いてねーよ」的会社の都合により告知時間より早い撤収になってしまった模様です。

いろんな事情もあると思うのですが、次回もしこういう機会があるとするならば、
芳名録かメッセージ帳みたいなのがあればいいなぁ。もしかしてあったのかな?


というわけで。最終日の撤収タイムに居合わせた人の特権♪
好きな原画を譲っていただきました。私が選んだのはこの二つ↓

 エッセイNO.20「振り返れば20回 スタートは記念日から」 
挿絵2
shiozy記事2

 エッセイNO.37「年金生活 ややこしい受給手続き」 
挿絵1
shiozy記事1

それぞれ、絵の右上・左上にあるのが野坂画伯のサインです。
新聞に印刷された絵、そして本に印刷された絵、どちらとも違う、
原画の良さを、しっかり堪能させていただきました。

shiozyさんには「珍しい選択をするのぅ」といわれましたけども、
なんかね、この二つが印象的だったので・・・。


実はこの後、残っていたメンバーで打ち上げちっくな飲み会に参加させていただきました。
shiozyさんは大変お疲れのご様子でしたが、それでもお酒が入ると
いつもの説教爺に変「ブログと出版界そして新聞のあり方」について、
熱く語っておられました。shiozyさんとお知り合いになれてもう2年以上は
経ちますが、最初のオフ会以来あまりゆっくりお話する時間もなかったので、
今回は、久しぶりに直接shiozy節を聞くことができました。

「おまいら、議論をせい!」

・・・まぁその。
いろいろと思うところはありますけども。

その話はまたいつか。

shiozyさん、かげさん、ノサケンさん、そしてあの場にいらした皆様、
お疲れ様でした&ありがとうございました。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。