上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本的に食材は生協で買うのですが、
足りなくなったらスーパーに時々行きます。

先日、某イオン系スーパーに行った時、
「お手伝いカート」
なるものが置かれているのに
だんきちが気づき、すーに持たせました。
いわゆる、カゴを乗っけるカートの子供版です。

「自分もお買い物がしたい!」すーは大喜び。

大きな番号旗付きなので、少々目の届かないところへ
行っても一目で見つかるし、子供も喜ぶし、
なかなか気の利いたものがあるもんだ・・・

・・・って思いますか?

私は思いません。

そこまで子供に迎合する必要があるのか?!

と思うんですよ。

だって、それでなくてもちょろちょろ動き回りたがる
子供がそんなもん持って動いたら邪魔なことこの上ない
じゃないですか。

これの本来の目的ってなんなんでしょうね?
「お手伝いの一環で一人で買い物にきている小さい子のため」
の、ものならアリか?とも思いますが、
大抵の利用法は
「子供がそれを持って、買い物してる気分を味わう」
じゃないでしょうかね。

実際だんきちはそんな感覚で利用してました。

けど、
「人の迷惑(ぶつける等)にならないように」
「迷子にならないように」
「売り物を傷つけないように」
などなどの理由で、子供にはちゃんと親と一緒に
歩くようにと言い聞かせるのも親の役目じゃないか?
子供の要求に何でもかんでも応えていくのはどうよ?
なんて思うわけですよ。

もちろん、言うことを聞かない子連れの買い物は
ものすごく体力がいって大変なのはわかっていますけどね。

イオン系のお店はどこも子供連れに優しいなーと感じてはいたけど、
これだけはなんとなく、過剰サービスな気がしたのでした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。