上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.31 兄弟姉妹。
つゆまめさんとこで記事になってる話。
兄弟の子育てについて、ちょっと考えてみました。

といっても、みーがおなかにいるころからずっと、
折に触れ考えることではあったのですが。

我が家の場合。
呼び方に関しては、すーのことを直接「お姉ちゃん」と呼ぶことはありません。
みーに対して「お姉ちゃんがこう言ってるよ」という風に使うことはあります。
夫婦間では名前で呼び合って、子供を通すときだけ「お父さんがね」って
言うのと同じ感覚です。みーが、すーのことを「お姉ちゃん」と呼ぼうが、
「すーちゃん」と呼ぼうが、それはみーの自由だとも思ってます。
・・・呼び捨てはどうかと思うけど(笑)

「お姉ちゃんなんだから」というのはできれば使いたくない言葉です。
お姉ちゃんに生まれたくて生まれたわけじゃないってのもあります。
それは、「姉妹は対等・平等に」と思っているからじゃなくて、
「お姉ちゃんなんだから我慢」しなくてはならないことがあるとは思わないし、
「お姉ちゃんなんだからできなくちゃいけない」ことがあるとも思わないから・・・かな?

4歳だから、できて欲しいこと。
妹がいるから、ではなく、誰から見ても「4歳」という年頃でできていてほしいことは
もちろんあります。なので、そういう話をするときは、「年中さんになるんだよね」と。
そういうスタンスでいたいと思っています。

たとえば喧嘩をしたときでも、問答無用でどちらかの肩を持つのではなく、
それぞれの言い分を聞いてから判断したい。
ものの取り合いになったとしても、「お姉ちゃんだから、譲ってあげなさい」
というのではなく、後から欲しがったほうに対して「貸してって言おうね」と言いたい。

もちろん現実には、なかなか理想どおりにはいきませんけど(^_^;)

姉妹を育てることになって、一番気になる・注意しているのは、
二人を比べて、どちらかに優劣を無意識につけてしまうこと
これは、異性の兄妹の場合とはちょっと違うかなと思います。

私自身は、年子で兄・妹という関係だったせいか、兄とは友達感覚で育っているので
あまり感じることはありませんでしたが、いろんな友人を見ていると、
同性の兄弟姉妹というのは、否応なく周囲(他人)からいろんなことで
比べられてしまうものだなぁと・・・。
本人同士もそのうち無意識でもそういう気持ちが出てくるんじゃないかなと思います。

だけど、私たち親だけは、それぞれの個性を認めて
「あなたはそれでいいんだよ」と言ってあげたい。
上の子には上の子の、下の子には下の子の言い分がある。
親は、どちらも無視しちゃいけないと思うのです。

あえてつゆまめさんに疑問を投げかけるとすれば、
「上の子としての自覚」って何だろ?という点。

強いものが弱いものを守る、年上の子が年下の子に優しくする、
というのは、兄弟姉妹に関係なく、もちろんそうであって欲しいものです。

それ以外に何があるかな?跡継ぎとして、とか、親の介護責任、とか?
反論ではなく、純粋に自分(私は、妹の立場だし)の頭の中で
見落としている部分があるのかも・・・という意味で、聞いてみたいのです。

いや、うちの場合年子だったせいか、いわゆる「憧れのお兄ちゃん」的恩恵
(小さい頃誰かにいじめられて助けてもらった、とか、うちの兄ちゃん、優しくて
すっごい頼れる存在なの!とか・・・?)をあんまり受けてない気がするんで・・・(^_^;)


あ、ごめん、兄ちゃん読んでた??(笑)


だんきち明日からいよいよ有休消化です。
しばらく専業主夫・・・?になってほしいけど無理かな。
なってくれるよって方も、休ませてあげなよって方もプチッとね↓
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。