上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何気なくテレビをつけてたら、「泣ける曲ベスト20」
とかなんとかいう番組をやってました。

ふーん、なるほどね~と思いながらその半分くらいは
最近の曲らしくさっぱりわからん・・・orz

そこで誰も興味ないとは思いつつ、自分の「泣ける曲」ベスト10を考えてみました。
・・・えぇ、暇なわけではないですよ、決して・・・現実逃避です(汗)

10「フロム・ザ・ハート」Bryan Adams
9 「素顔のままで」Billy Joel

2曲とも、大学時代、周りの友人の華やかさに尻込みして、
自分に完全に自信を失ってた頃に聴いてました。
励まされるというよりも、「なかなかそんな風に思えないよ~」と
余計凹んでた気もしますが・・・(-_-;)

8 「ジュリアン」プリンセス・プリンセス

高校時代、みんなの定番は「M」でしたが、私は何故かこっちが好きで。
恋に恋していた頃の憧れの曲。

7 「木綿のハンカチーフ」太田裕美

大学に入ってすぐの頃、カラオケに行ったときに初めてちゃんと
歌って、歌詞を見て絶句。特に後半「君を忘れて変わってく僕を許して
~僕は帰れない」。高校卒業する頃、進学のために上京する
中学のときの元彼と会って、そしてお別れまでの日々を思い出して
しまったのでした。

6 「渡良瀬橋」森高千里

これも、木綿のハンカチーフと同じ理由で。

5 「僕はここにいる」山崎まさよし

本人主演ドラマの主題歌。
ドラマも素晴らしかったですが、この曲でさらに泣けたなぁ。

4 「マンハッタン・キス」竹内まりや

まだ恋に恋してた頃は、ただただメロディーが好きでうっとり
聞いていましたが、いざ現実に似たような状況になった時に、
「あぁこういうことか・・・」と身につまされてねぇ・・・。

3 「黄金の月」スガシカオ

「僕の情熱は今や 流したはずの涙より冷たくなってしまった 
どんな人よりもうまく自分のことを偽れる力を持ってしまった」
仕事のノルマに追われる毎日に疲れ切っていたボロボロだった頃を
思い出します。

2 「One more time,One more chance 」山崎まさよし

ムンチャイが解散した直後に見た映画の主題歌。
映画はもちろんのこと、当時を思い出すと辛いっすね~。


そして1位は・・・


1 「Over the rainbow」 MOON CHILD

「振り向かない 焦らない 迷ったりしない」

というサビはいまや私の座右の銘になっております。
いまだに振り向きまくり・焦りまくり・迷いまくりの人生ですが・・・(T_T)

多分、カラオケでこれ歌えって言われたら、多分途中で
涙声になること間違いなし!と思われます(^_^;)
10位以外は、ネット上に歌詞が載っていたので、
曲名にリンク貼ってみました。
興味のある方は読んでみてくださいな♪(いや、いないって;)

ってか、もしかしてちょっとマニアック?
名曲も中にはあると思うんですけどね・・・。
みなさんの泣ける曲は、何ですか?


やっぱヒマなんじゃないの?って方も、
その曲知ってる!って方もプチッとね↓
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。