上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だんきちが、いよいよ3月末で今の職場をやめて
転職活動に専念することになりそうです。
(まだ本人が職場に伝えていないので、あくまでも予定)

朝早くて夜遅い。休みは不定期。有休が実質ほとんど使えない。
上司は部下のことより実績上げることしか考えてない。
仕事の割りに給料はびっくりするほど少ない。

そんなんじゃ体も持たないし、辞めたほうがいいと思う。
仕事しながらじゃ転職活動もままならないだろうなぁと思いつつ、
私が無給状態では生活ができない(それなりに貯金がないわけでは
ないですが)ので、我慢してもらっていたのです。
あと数ヶ月で35歳になるだんきち。
年齢制限にひっかかるのも時間の問題となってきましたしね。

私が4月に仕事復帰すれば収入もあるし、
なんとかやってけるよということで…。

それにしても、だんきち見てると、家庭もちの男性って
仕事に関して結構自由度低いなぁって最近、思います。

ものすごく感じ悪い言い方をすれば、女性だったら、
「出産・子育て」を理由に仕事を辞めることは結構簡単です。
自分がそれを望んでいようがいまいが、
周りからそれを「責められる」ことは少ない
でしょう。

仕事を続けたい、あるいは働かなければならない女性にとっては、
まだまだ厳しい世の中であることは間違いないですが、
辞めたい人にとっては都合のいい理由となるのも確かです。

ちなみに、ここで「子育てって大変よ、主婦は24時間営業よ!
女だってすっごく大変なんだからっ!」というのは、
とりあえず、置いておきます。それは大前提なので。


<記事追加>「女の人が簡単に仕事を辞める」という意味ではありません。どんな理由であれ、「女の人が辞めること」が、世間一般的に「男性に比べたら辞めやすい」という意味です。うーん・・・この違い、わかっていただけるかな…?

けど、これが家庭(この場合、家計かな)を支える男性だったら、
仕事がどんなにきつくても、「すぐにでもやめる!」っていうわけには
いかないんじゃないでしょうか。

独立・起業するのも、よほど先の見通しが立たないと
「快く賛成」してくれる奥さんは少ないんじゃないでしょうか。

まぁ、そもそも男性が家計を支えるものという考え自体が、
今の時代にそぐわない気もしますが、一般的にはそういう家庭が
多いですよね、きっと。

私は特別「安定」志向が強いので、そう思うのかもしれません。
そういう意味では、だんきちは余計しんどいだろうと思います。

求人票を見ていても、不安定な感じの求人が多いです。
雇用条件も実際の面接では求人票に書いてあるのと違うものが多いし。
しかも労働組合のない会社がほとんど…。

どうか、だんきちが気持ちよく、長く働けて、子育てパパにも
優しい会社が早く見つかりますように…。

私がホントにやりたい仕事ができるようになるのは、その後か~。
いつになるかな~。助け合ってがんばってイコ(ひとさん風♪)。

そんなわけで、3月は使えなかった有休をしっかり消化する予定。
その間に旅行でも行けたらいいな~。実現するんだろうか。
先立つものがないぞ(苦笑)。


だんきちのためにもしっかり働けよ!という叱咤激励を、
プチ!にこめてくださればこれ幸い♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。