上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院4日目にしてやっとすーが退院しました。ようがんばったのぅ。
ばーちゃんが前日に旅行から帰ってきて、
お疲れのところ申し訳ないとは思いつつ、
早速迎えに来てもらうことに。

さぁ、この辺からだんだん記憶があいまいに・・・(笑)

さて、そんなすーとは正反対に、あまり具合のよろしくないみーさん。

どうやら、血中の酸素濃度(かな?多分)が低いらしく
(正常値は98~100のところ、89~90前半)、

酸素テント生活

が、入院(おそらく)4日目にして始まりました。

sansotent.jpg



夜はエアコンが切れて結構部屋が蒸し暑い中、
テントの中は温度調整もされてて意外と快適。

ただし、狭い。

一緒にいないと嫌がるので、私もテントに入って
添い寝するのですが・・・狭くてとても熟睡できる状態では
ありませんでした。

ていっても、二時間おきくらいに看護師さんが点滴補充に来るので、
もともとそのたんびに目が覚めて熟睡はほとんどしてなかった
ですけどね・・・。

そして、テントには「火気厳禁」の文字が・・・。
そういえば、酸素に火をつけたらボッってなるんだったっけ?
と、昔の理科の実験を思い返して妙にびくびくしてしまいました。

で、結局このテント生活、入ってると数値が上がり(当たり前)、
出るとまた下がる・・・の繰り返しで、その後4日くらい続いたのでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。